iPhone

iPhoneを家電量販店で安くゲットする秘策と交渉術とは

今回のご依頼対象

・iPhoneを安くゲットしたい
・スマホのMNPは、だいたいビックカメラ、ヤマダ電機etcだ
・家電量販店でのスマホ値引きについて詳しく知りたい

薄切りジョンソン
薄切りジョンソン
ぼくはiPhoneXが欲しいデース!
のりかちゃん
のりかちゃん
今回の依頼はわたしよりも、ボスの方がくわしいかもね。
ボス
ボス
今回のネタはオレにまかせろって

まだまだiPhoneは最新機種のXふくめて高くないですか?

そんなiPhoneやスマホを家電量販店で、安く購入するための知識や交渉術など、知って得する”攻略法”を元スタッフ目線でおとどけします。

なんで家電量販店はスマホの値引きやキャッシュバックが出来るのか

そもそも論ですけど、最近は総務省などがキャッシュバックや一括●円はダメだとか、いろいろニュースも流れていますが、なぜ安くできるのか?その仕組みをカンタンに解説しておきます。

まず、家電量販店の有名どころはビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ノジマ、コジマ、ケーズデンキなど色々ありますが、そのお店の規模や売り上げに応じて、大手キャリア(au、ソフトバンク、ドコモ)から販売支援金という、謎のお金が流れます。

「イメージ図はこんな感じ

なので、大手のキャリアショップでは出せないキャッシュバックや特典を貰えることが、家電量販店だとありえます(時期やタイミングで変動)。

まあカンタンにいうと、お店にお金をいっぱい渡すから、買い物にきたお客さんをMNP(乗り換え)させてね。というのが狙いです。

お店の優先順位:MNP乗り換え>新規契約>機種変更

なので、販売支援金やキャッシュバックがないとあなた(お客さん)は、なかなかMNPしてくれません。だって、何も特典ないのにワザワザ乗り換えないですよね?

では、具体的なキャッシュバクの項目や交渉ポイントを見ていきましょう。

実際のキャッシュックや値引きパターンを知る。

こちらは、あくまでも一例でありイメージです。
お店で、この値引きがないのはおかしいとかゴネるのは止めてください(汗)。

項目  金額イメージ
MNP1台  10,000円~(常に金額変動もだいたい付く特典)
複数台  5,000円~(MNP2台やタブレットなど同時)
家族割  5,000円(既に同居の家族が使ってるなど)
データプラン
●GB以上で
 5,000円(多いケースが5GB以上)
新規スマートバリュー
おうち割など
 10,000円(新規のスマホセット割※この特典は稀)
タブレット  5,000円~(新規OKで機種変更NGが多い)
ポケットwifiルーター
ホームルーター
 10,000~20,000円(auだと固定代替など)
ひかりのネット回線  20,000~40,000円(auひかり、ソフバン光など)
イベント時の商品券  3,000円~(ガラガラ抽選会やキャンギャルがいる時)
他店対抗値引き  ???(競合店で大幅値引きやってて、その見積を持参)

何度も言いますが、この表(金額)はあくまでも一例でありイメージです。

ちなみに具体的な想定ケースで、仮にMNP乗り換え1台のみの、家族割もなく1GBのデータプラン契約だと、10,000円のキャッシュバックしか貰えません。

逆にMNP2台でデータプランを5GB以上にすると、MNP10,000円×2、家族割5,000円×2、データ5GB以上5,000円×2となり、40,000円の特典です(更にネットなどを付ければ+α)。※時期やタイミングにより、キャッシュバックは変動。

ですので、スタッフが一番狙いたい案件は、複数で来店しているご家族全員のMNPです。

ただ、あなたに一番知って欲しいのは、家電量販店のスタッフが何かしら値引き一覧を頭に入れて接客しているという事です。またキャッシュバックは、スマホの本体代に充てる、商品券or現金など、還元方法はお店によって色々なパターンがあります。

値引きクーポンなど、いつ出すのが一番効果的なのか。

ボス
ボス
最後にしてください
薄切りジョンソン
薄切りジョンソン
なんでデースか?

いろいろなクーポンがあると思いますけど、出来るだけ話の後半で、そろそろ契約に入るタイミングがベストです。

なぜなら値引きやキャッシュバックは、あなたに全て提示する決まりはないので、クーポンを前半にだされると特典を出し惜しみされる可能性もあります。

さりげなく…

ボス
ボス
あっ!そういえばコレ使えますか?(みたいな感じ)
あわせて読みたい
【2018年最新】auクーポンを簡単にゲットする3つの方法 今回の調査チェックした、クーポンできるサイト情報はこちら。 ・NAVITIME(ナビタイム) ・Po...

 

交渉がいまいちな時は一時撤退も効果的(Vストックとは)

この項目では、もしスタッフとの交渉が不調だった場合のポイントや対処法についてご案内します。

「交渉ポイント」

  1. お得なクーポンは話がまとまりかけた後半に提示する。
  2. MNPの違約金がかからない場合は、はなしの前半でスタッフへ伝える。
  3. 話し合いの結果、キャッシュバックや特典がイマイチだったら検討持ち帰り。

えっと、①番は先ほどの項目を参照してください。

②番について
全員ではないものの販売スタッフは、MNPをする時に違約金がかかる事を想定して、あなたの接客や見積りをしているため、10,000円以上のキャッシュバックは後半までストックしています(出し惜しみ)。

なぜなら、最終的にMNPする時に違約金かかる事を知ったあなたは・・・「やっぱキャンセルするわ」という可能性があるからです。

そんなときに・・・「それなら、今回は特別にキャッシュバックを1万円増額させてもらいます」と言われたらどうですか?

さんざん長話して、あなたの質問にも笑顔で答えたスタッフに、そんなこと言われたらMNPしますよね。いや、やりましょう!やってください(笑)

ちょっと横道にそれましたけど、スマホ契約が2年の更新タイミング(違約金なし)であれば、話の前半でスタッフへ伝えましょう。

③番について
いろいろ話した結果、キャッシュバックなどの特典がいまいちだった場合、検討して持ち帰ると伝えてください。

その場合、スタッフは今後予定されるキャンペーンなどの連絡をしてもよいか?と聞いてくるはずです。その流れであれば、スタッフへ連絡先を教えて後日の連絡を待ちましょう(聞いてこない場合は脈なし)。

これはスタッフ目線でVストックといわれるもので、契約する可能性の高いお客さんの連絡先を確保して、本当にお得なキャンペーンやキャッシュバックが増額される前に連絡してきます。※VはVictoryのV

その他の交渉術
余裕があれば、1か所のみではなく別の家電量販店でも見積りを貰うことをオススメします。

お店によっては、競合店の対抗値引き予算などもあり、ライバル店よりもキャッシュバックが増額されるケースもありますからね。

どこの家電量販店にいけばiPhoenやスマホが安いの

これも、絶対という話ではないですけど経験則から、主要駅の周辺店舗はキャッシュバックが入りやすいです。

具体的なお店選びとは

  • 渋谷・新宿・池袋・仙台・名古屋・大阪・博多など、その地域の主要駅にある店舗。
  • ヤマダ電機で言うと、テックランドではなくLABI店舗。
  • 新規グランドオープンした店舗

こちらはあくまでも参考ですが、経験則から大幅な値引きが入りやすかったです。

時期や曜日などのベストタイミングを知る

  • 週末の土日(コレ絶対です
  • 祝日など含めた大型連休、GWやお盆休み、クリスマスなどのイベント
  • 年間を通して、一番狙うべきタイミングは3月です(コレも絶対です)

あくまでも参考情報ですが、必ず土日にMNPしてください(見積りのみは平日OK)。
あと更新タイミング的に3月が難いというケースもあるかと思いますが、3月は学生の新規加入や引越し就職など、スマホのみではなくネット回線も大きなキャッシュバックが入るため、知っておいて損はないです。

ひかり君
ひかり君
そう言えば先月(3月)、中のひとって、ソフトバンク光を6万キャッシュバックで申込みしてたな。
ボス
ボス
おいおい、それは言わない約束だろ(汗)

ガラガラ抽選会などキャンギャルがいるイベント狙い。

あなたも、一度くらいは見かけたことがあるかも知れません。
家電量販店の入り口やスマホコーナーなどで、風船をもったキャンペーンスタッフやガラガラ抽選会などを、これをやっている時は、通常のキャンペーンよりもお得なケースがあり、キャッシュバック以外に、別途商品券がもらえるチャンスです。

この商品券は必ずではないですが、特に郊外にある家電量販店でやっている場合はチャンスの可能性が高いですよ。

じゃあ、家電量販店で購入するデメリットは?

いくつかありますが、一番はオプションなどに加入しないとダメなことが多い。
ただまあ、大幅な値引きやキャッシュバックが入るので、許容してよいレベルの話かとおもうのですが(個人の主観)、嫌な人は大手キャリアショップorネット経由が良いと思います。

「良く加入を求められるオプション」

  1. 初月無料(30日間)オプション多数の加入
  2. 有料の故障修理やapple careなどの加入
  3. 契約するプランデータ●GB以上の契約(1か月後の変更OKなど)
  4. auだとアップグレードプログラムEX、softbankだと半額サポートfor iPhoneの加入

上記の①~③は、解約が出来るのであまり気にしてくても良いかと思います。
また、どうしても入りたくないオプションはスタッフへ相談すればよいです。

ただauのアップグレードプログラムEXやソフトバンクの半額サポート for iPhoneも48回払い(4年)で縛られるオプションは、くれぐれも解約時のデメリットなど、良く理解した上で加入してください(これは加入する場合の話です)。

ボス
ボス
ボクの中で④は、一番入りたくないオプションベストテン1位ですわ。無料とか耳障りのよい言葉に騙されないで。

「その他のデメリット」

  • スマホ切り替え時の電話帳やデータ移行がNGの場合あり
  • 基本的に名義変更やプラン変更のみは家電量販店では対応出来ない(ショップ対応)

 

まとめ

いかがでしたか?

今回のレポートでは、iPhoneなどのスマホを家電量販店で安く購入するための攻略法をおとどけしました。簡単に振り返りでまとめておくと。

  • MNP乗り換えは、1台よりも複数台で更にお得になる
  • 家電量販店は、主要なターミナル駅近くがオススメ。
  • 契約するタイミングは土日にする。コレ絶対!
  • 契約時は、オプション加入などのデメリットもあるから注意が必要
薄切りジョンソン
薄切りジョンソン
じゃあボク、iPhoneXへMNP3台やるデース
ボス
ボス
おいおい、個人名義だと一度に2台までしかMNPできないから、もう1台は家族だれかの利用者登録が必要になるぞ。

「MNPまめ知識」
大手キャリアの場合、個人名義でMNP乗り換え出来るのは3台までで、その内1台は家族誰かの利用者登録が必要です。

まあ現実的に考えて、ひとりで2台使うことはあっても、3台つかうのは不自然だから、奥さんや子供の利用登録があれば3台までMNP乗り換えOK。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です