au

なぜauひかりのキャンペーンは改悪され、もうおすすめ出来ないのか?

auひかりのキャンペーン改悪により、もうおすすめ出来ない
今回のご依頼対象

・auひかりホームタイプの導入を検討している
・auひかりホームタイプを契約済みで、5ギガor10ギガプランへ変更予定
・いまは他社のネット使ってるけど、次回以降にauひかりのホームタイプにするかも知れない人

薄切りジョンソン
薄切りジョンソン
auひかりは、キャッシュバックや特典もりもりで僕は大好きデース
ひかり君
ひかり君
いやいや、それは過去の話だから、何も知らずに契約するとヤケドするよ
のりかちゃん
のりかちゃん
何かが、2018年3月1日から変更されたのかな?そんなに、やばいの!
ひかり君
ひかり君
うん、auひかりのマンションタイプは置いといて、かなりやばい内容だから調査レポートをチェックしてね

今回のネタは、yahooニュースにもなっているから概要がわかるリンクはこちらです。

高すぎ? 「auひかり ホーム」解約時の撤去費「2万8800円」の理由 「拒否したら賠償金」の記載は「修正する」とKDDI

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180314-00000081-zdn_n-sci

もともと、中のひとはauひかりホームタイプの販売経験があるから、何がどう変わって問題なのか?では対策はどのような方法があるのかなど、いろいろと突っ込んだ内容をお届けします。

 

auひかりのサービスとは(改悪前)

 

項目auひかりホームタイプ
ずっとギガ得プラン
月額ネット料金5,100円
月額ひかり電話5,00円
契約事務手数料3,000円
工事費37,500円(実質無料、30回払い)
契約期間(自動更新)3年
違約金15,000円
wi-fi内蔵機器レンタル500円(※2)
プロバイダ利用料無料
スマホとのセット割auスマートバリュー

※価格は税抜き表示
※2、auスマートバリュー適用で無料

この内容は、2018年3月1日より前に契約した人に適用されるプランとなっています。

また一つだけ触れておくと”ひかり電話”が不要な人でも、契約プランに含めておかないと、工事費の割引が500円減額されてしまうから、結果的にホームタイプは”ひかり電話”を付けた方が良いサービスでした(マンションタイプは対象外)。

 

auひかりのサービスが改悪された詳細

 

項目auひかりホームタイプ
ずっとギガ得プラン
月額ネット料金5,100円
月額ひかり電話5,00円
契約事務手数料3,000円
工事費37,500円(実質無料、60回払い
契約期間(自動更新)3年
違約金15,000円
回線撤去費用28,800円
wi-fi内蔵機器レンタル500円(※2)
プロバイダ利用料無料
スマホとのセット割auスマートバリュー

※価格は税抜き表示
※2、auスマートバリュー適用で無料

上の表をみると、工事費用が60回払いへ変更+回線撤去費用が追加されたことが分かります。この内容が、かなり厄介なので詳しくチェックしてみましょう。

 

なぜか工事費の分割が30回⇒60回に変更される

もともとauひかりホームタイプの工事費は30回払いで、サービスを30ヶ月利用すれば実質無料になる良心的なサービスでした。

工事費の割引イメージ(スマホの毎月割みたいな感じで)
工事費:37,500円
ネット利用▲750円+ひかり電話▲500円=▲1,250円×30ヶ月で割引き

それが改悪されて・・・

工事費:37,500円
ネット利用▲125円+ひかり電話▲500円=▲625円×60ヶ月で割引き

この改悪が入ったことにより、ずっとギガ得プランの契約期間3年(36ヶ月)だと実質工事費が無料にならず、工事費無料にするなら6年間のサービス利用が条件となります。

 

半強制的に回線撤去費用を28,800円請求される

こんな話をいままで聞いたこともないんですけど、auひかりのホームタイプは解約時に必ず回線撤去費用28,800円(税別)を請求するとの事です。

これまでは、残置といってサービス解約時も回線を無料で残しておくことが出来ましたが、その選択の権利すら消滅した上に高額の費用を請求されることになった・・・

薄切りジョンソン
薄切りジョンソン
ぜんぜんお得じゃないデース
ひかり君
ひかり君
うん、auひかりのキャッシュバックは、お得なイメージを持ってるひと多いとおもうけど過去の話だよ。

ここが撤去費用で一番気になるポイント

yahooニュースの中でも触れられてますけど、auひかりのエリアにはホームタイプ(S)というのがあって(Sはシェアドエリアの略称)、これが何かというと、この地域はNTTフレッツ回線を借りてauひかりのサービスを提供しています。

しかも、もともとあなたの家でNTTフレッツ回線をつかっていた場合は、そのNTTフレッツ回線を流用してauひかりのモデムを設置するわけです。その地域でも回線撤去費用を請求するというのは、どうなのでしょうか?

もしご自宅が、ホームタイプなのかホームタイプ(S)エリアなのか、カンタンに知りたい人はauひかりのエリア検索をすれば表示されるので、お試しください。

 

エリア検索


「出典 auひかり公式サイト」

推測される問題やトラブル

僕は(中のひと)、実際にauひかりの販売営業をしていたから、あくまでも推測なんですけど、今回の改悪について、販売スタッフがお客さんに対して、ちゃんと理解するまで分かりやすく伝えられるかは疑問ですし。

またWEBサイトなどから申し込む場合は、注釈で小さく表示されているのみだから、auひかりの解約時にトラブルとなるケースが多発する可能性も十分考えられますね。

 

auひかりの改悪前後で解約費用をくらべた結果

 

では、想定される解約時に発生する費用を改悪前と改悪後でシミュレーションしてみました。※算出した解約タイミング(2年、3年、6年)

解約するタイミング 改悪前(負担費用) 改悪後(負担費用)
2年22,500円66,300円
3年0円43,800円
6年0円28,800円

□負担費用は、それぞれ該当する違約金・工事費・回線撤去費用の3つから算出

 

こちらのシミュレーションで、一番注目するべきポイントは、改悪後はどのタイミングで解約した場合でも必ず費用が発生する結果となりました。

あくまでも、念のためですけど2018年4月時点でauひかりのキャッシュバックがどれくらい貰えるのか?チェックしてみました。

キャンペーン会社 キャッシュバック金額
株式会社NEXT 50,000円
株式会社NNコミュニケーションズ 50,000円
株式会社アウンカンパニー 45,000円
株式会社S&Nパートナー 45,000円
フルコミット株式会社 42,000円
家電量販店 30,000円~50,000円

※キャッシュバックの金額は、ネット回線とひかり電話を申込みした場合

うーん、やはりauひかりを3年契約しても、キャッシュバックと負担金が同じ金額くらいなので、これからauひかりのホームタイプを契約するのは、かなり条件が悪いとおもいますよ。

 

【重要】auひかりホームタイプ改悪後の注意点

  • 2018年3月1日以降にauひかりホームタイプを申込みすると改悪後が適用される。
  • 既にauひかりホームタイプを利用している人が、V5ギガまたはX10ギガへプラン変更すると、そこから改悪後の条件が適用される。

 

じゃあ、auひかり以外のネット回線はどれ選ぶ?

 

現状、auひかりのマンションタイプはキャンペーンの改悪がなくおすすめです。

ただ戸建てのホームタイプを希望している人、プラスしてauスマートバリューを適用させる。を条件にひかりのネット回線で調査した結果はこちら。

「スマートバリューOKの光回線10社」

全国エリアビッグローブ光
全国エリアso-net光
全国エリア@nifty光
全国エリア@Tcom光
全国エリアひかりJ
東海エリアコミュファ光
関西エリアeo光
中国エリアメガ・エッグ光
四国エリアピカラ光
九州エリアBBIQ光

 

次に、戸建てのネット+電話セットで2年または3年契約した際の月額平均を調査。

「前提条件」

  • 2年or3年プランが対象(5年プランなどは対象外)
  • auスマートバリューが適用OKプランで算出
  • 月額平均は、ネット+電話で算出
  • キャッシュバックやキャンペーンは考慮していない

 

「ネット+電話=月額平均(税別)」

4227円eo光(関西エリア)
5000円@nifty光(全国エリア)
5167円メガ・エッグ光(中国エリア)
5400円ピカラ光
5480円ビッグローブ光
5500円BBIQ光
5550円コミュファ光
5600円@Tcom光
5700円so-net光、ひかりJ

※価格は税別

ひかり君
ひかり君
上位3社のキャンペーンはこんな感じ
  1. eo光…工事費実質タダ、1万円商品券、3万円商品券(他社の違約金補填)
  2. @nifty…工事費実質タダ、2万円キャッシュバック
  3. メガ・エッグ光…工事費実質タダ、2万円キャッシュバック

上の調査結果から、ずばり関西地域の人なら”eo光”その他地域の人なら”@nifty”がおすすめです。また、どちらも2年契約プランの選択OKです。

ボス
ボス
どっちも光業界の老舗だし品質や信頼面では安全かと、あとはお得に申込みする方法だな

 

eo光をお得に申込む方法

3000円の事務手数料をタダにするエントリーパッケージが、約1000円で販売されているから、こちらを使うと約2000円の節約です。

 

@nifty光をお得に申込む方法

代理店のNEXT経由だと、面倒な手続き不要で最短2ヶ月後にキャッシュバックが貰えます。

@nifty光キャンペーン

 

auひかりキャンペーンが改悪されたまとめ

 

いかがですか?

今回auひかりホームタイプのキャンペーン改悪について、色々と調査してみました。その結果、全国エリアではauひかりより@nifty光の方が費用負担も少なく条件が良いです。

「auひかりと@nifty光の違い」

auひかり3年プラン、工事費60ヶ月で割引、回線撤去費用あり
@nifty光2年プラン、工事費あり、回線撤去費用なし

 

ちなみに全国エリアでなければ、eo光やメガエッグ光などの地域密着型の光回線もおすすめですよ。

 

ボス
ボス
auひかり以外におすすめ出来る光回線をまとめた結果
光回線のおすすめランキングTOP7
プロが選ぶインターネットのおすすめ光回線ランキングTOP7 あなたがネット回線を選ぶときに何を目安に決めますか? 例えば、キャッシュバック・工事費・ネットの速度・スマホのセッ...

 

 

\今なら初期費用タダ/
\一括セール/
OCNモバイルONE/OCN光